社会福祉法人 なぜの木会

法人案内

■法人概要

社会福祉法人なぜの木会は、昭和24年(1949年)6月、敗戦直後の混乱期に、子どもの幸せを願い、地域の方々の力で創立した青空保育園として生まれた「子供の家保育園」が母体となります。
子供の家保育園は、昭和25年(1950年)12月、児童福祉施設として東京都の公認を得、昭和70年(1970年)12月、厚生省の認可を得て、社会福祉法人子供の家保育園を設立しました。平成16年(2004年)に、法人名をなぜの木会と変更しました。
平成22年(2010年)4月1日には、園名表記を「子どもの家保育園」と改めました。そして、平成23年(2011年)4月からは大田区の民間委託を受け、「千鳥さくら保育園」を運営しています。
令和4年(2022年)4月より、大田区の民間委託を受け、「大森西第二保育園」の委託運営が開始されます。

■法人名由来

大森地区では、海苔産業が盛んでした。その海苔採取に欠かせないとされていたのが、なぜの木(海苔しび)だったとの古いお話があります。なぜの木は、古い園舎園庭で、私たちの生活をじっと見守ってきた大切な木でもあるため、法人名につけました。

■法人運営理念

1.働く父母が安心して預けられる保育園に
2.子ども達が生き生きと育つ集団生活と教育の場としての保育園に
3.職員が働き甲斐のある職場に
4.地域の子育て支援を担える保育園に

■理事長挨拶

なぜの木会のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
昭和26年(1949年)に、子供の家保育園が設立され、平成16年(2004年)に、なぜの木会となった法人は、様々な体験や地域交流を通じて、心豊かな子どもたちの育成に尽力し、たくさんの方々とともに歩み続けてきました。そして、令和元年(2019年)に70周年を迎えました。
子どもを尊重する保育を探求するとともに、職員・保護者の皆様・地域の皆様とともに一丸となり、子どもたちの健全な成長をめざして、保育園創設の願いを大切にしながら、ゆたかに生きる力を育んでいきます。